カルバトールとてんかんの発作に苦しむ男性

カルバトールは腹痛は起きないが副作用や再発率はある

 カルバトールはテグレトールのジェネリック医薬品です。主にこのカルバトールあるいはテグレトールはてんかんの治療薬として使用されています。ほかにうつ病治療の薬や双極性障害などに用いられることもあります。
 効き目については比較的強く、錠剤が嫌いな人には向いている医薬品です。ですので一定の効果については見込める医薬品ではあります。
 ただこの薬を服用してもてんかんなどの発作を一時的に抑えることは出来ますが、てんかんなどの発作がまたひどくなるなどの再発率は決して低いというわけではないことを留意します。使用を継続しなおかつ増量している方も中にはいることは事実ですが、それでも発作やてんかんなどの症状が再発することがあります。ですので、人によっては一時しのぎにしか過ぎないのではを感じている人もいないというわけではありません。それでも効き目があるため使用している人は多くいます。
 また、カルバトールを使用することで副作用についても報告されているため注意を要します。飲み始めのときや薬の量を増した時には眠気・吐き気・めまいなどの諸症状がどうしても起こりやすくなってしまいますので警戒しておいたほうが良いでしょう。飲んだあとはしばらく車の運転は控えておいたほうが無難といえます。
 腹痛についてはこの薬の服用では通常特に報告されているわけではありません。ただ、グレープフルーツジュースなどを一緒に併用すると頭痛やめまいが強く出てしまうことがあり、かえって症状を重くしてしまう危険性がありますので水と必ず一緒に飲むようにしておきます。
 そのほか、カルバトールなどの有効成分または三環系抗うつ剤に対し過敏症の病歴がある場合においては使用が禁止されています。