カルバトールとてんかんの発作に苦しむ男性

カルバトールと発達障害と光の影響について

てんかんは、子供から大人まで、幅広い年齢層で発症する病気です。
特に子供のてんかん患者は多く、発達障害を伴う子供もいます。
薬物治療などにより、てんかんの発作が抑えられれば、教育現場で何の問題もないです。
てんかんの子供に対しても、普通の教育指導を行います。
そして、発達障害を伴うてんかん患者に対しては、障害の特性を考慮して教育指導を行っています。
日本では、高齢化に伴い、高齢者のてんかん患者も増えています。
てんかんの治療薬は、世界中の製薬会社が開発しています。
日本で知名度が高い治療薬のひとつがカルバトールです。
カルバトールは、価格が安くて人気があるジェネリック医薬品です。
カルバトールは、脳神経の興奮を抑えることで発作を防ぎます。
特に有効なのが部分発作です。
部分発作は、脳のある部分で起こる発作です。
部分発作には、単純部分発作、複雑部分発作、二次性全般化発作があります。
単純部分発作は、意識は保っている状態での発作です。
複雑部分発作になると、意識が消えてしまいます。
そして、二次性全般化発作は、部分発作から始まって、全身に痙攣が起こります。
カルバトールは、多くのてんかん患者が服用している治療薬ですが、中には適さない人もいます。
重い血液障害がある場合、服用できないことがあります。
また、排尿が困難な人や心臓病や腎臓病を抱えている人は、服用する時に注意が必要です。
てんかんは、医師の指示にしたがって治療薬を服用することも大切ですが、普段の生活も大切です。
特に大切なのが食事と睡眠です。
食事は、栄養バランスの取れた食事を取るようにします。
てんかん患者の中には、夜遅くまでパソコンやゲーム機に夢中になっている人がいます。
画面から出る光の影響で、質の高い睡眠が取れなくなることがあるので注意が必要です。