カルバトールとてんかんの発作に苦しむ男性

カルバトールとガイドラインと原生について

てんかん患者は、世界に5000万人以上います。
将来におけるてんかんの発症など、原生獲得のメカニズムは未解明の部分が残っています。
てんかん治療については、ガイドラインが出ているので、詳しく調べたい人はガイドラインを取り寄せると参考になります。
てんかんは、ニューロンの過剰な発射によって起こります。
ニューロンは、規則正しく調和を保って電気活動を行っています。
しかし、調和が崩れて電気的な乱れが起こると、てんかんの発作が起こるのです。
1回だけの発作だと、てんかんとは呼びません。
てんかんは、発作が繰り返し起こることが特徴です。
てんかんの原因は、人によって違います。
てんかんは、大きく分けると、特発性てんかんと症候性てんかんに分かれます。
特発性てんかんは、原因が不明のてんかんです。
症候性てんかんは、脳出血や脳梗塞など、脳に障害があることで起こるてんかんです。
てんかん患者は、3歳以下の子供に多く、てんかん患者の8割は18歳前に発病します。
しかし、最近は高齢者の患者も増加しています。
てんかんは、発作や痙攣などが起こるものの、適切な治療を受ければ、普通の生活ができます。
抗てんかん薬として日本で使われている薬のひとつが、カルバトールです。
カルバトールは、てんかん以外の精神症状や神経痛にも使われます。
カルバトールを服用した場合、集中力が低下したり眠くなったりすることがあるので、車の運転はしない方がいいです。
また、危険な作業なども避けることが大事です。
カルバトールを服用することで、長い間てんかんの発作がない場合は、医師と相談して使用量を減らすことも可能です。
てんかんの発作がないからといって、自己判断で薬の服用を止めてしまうと、再び発作が起こる可能性があります。